上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070425014428
模様替えをしていて、うっかりタイムカプセルを開けてしまいました。
15年前に上京した時に「これだけは」と持って来た本の段ボールです。
野田秀樹の戯曲が数冊。
中島らものエッセイが数冊。
谷川俊太郎の刺繍。
みうらじゅんの漫画が一冊。
そして何故私の手元に有るのか解らない、当日やってた劇団で上演した戯曲の
演出家が使っていたぼろぼろのハードかバーの台本が。
15年前、大学を出たばかりの私を構成していたのは
このようなものだったのだなぁと思うと胸が苦しくなりました。
ちょっと涙が出た。
その頃なれなかった自分に、私はなれなかったけど
久々に対面した青臭い15年前の自分は、今の私に優しかったです。
「迷うな。自分を信じろ。なんとかなるさ」
これが、小さな段ボールから出て来た本達から感じたメッセージ。
15年前も今も状況は同じさ。

さあ、明日からも頑張ろう。
スポンサーサイト





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。