上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090220042420


20090220042416



幸運にもチケットが手に入ったので、シフトを調整して参戦して来ました。
バービーボーイズ!
特にCD買ったりライブに行くようなファンじゃ無かったけど、
当時の音楽番組見てたら自然と好きになったよ。
コンタと杏子さんのパワフルにもエロいツインボーカルは衝撃的だったな。
後に私がバンドを組んだ時、アルトサックスからソプラノサックスに持ち替えたのは、多分にコンタの影響が有ったと思う。

会場はZeep Tokyo。
当然オールスタンディング。
最初から戦線離脱する気満々だった私は開場してから、のんびりドリンクを引き換え、トイレに並び、喫煙所でゆったりと煙草を吸ってから入場。
丁度、客席中央付近のバーの端っこに空きが有ったので、そこに陣取りました。
近くはないけど、視界は良好。
悪く無いんじゃない?と呑気に構えていたのですが、
開演間際になって仕事帰りのスーツのお兄さん達がぞろぞろと入って来ました。
……!しまった!男!このライブ男も多いんだ!
みるみる視界前方は背の高い男性で埋め尽くされてしまいました。
最近女子供が多いライブやコンサートに慣れていたので、これは想定外。
だって、一番最近Zeppに来たの、嵐の大野君のソロコンだったもの。
ジャニコンでは年上組で肩身が狭かったけど、今回は同世代のお客さんばかりで気楽でしたが。

ま、今日は聴こえれば良いやと気を取り直して開演。
オープニングから飛ばしまくるバービーボーイズ。
二曲目で既に、代表曲「目を閉じておいでよ」
一気に畳みかける戦法ですね。
客席はアラサー、アラフォー世代が大半で、前列に陣取った過激組以外は、割とゆったりと楽しんでましたが
中盤で突然みんなで手の指でキツネを作って翳す仕草を始めたのです。
私、バービーのライブ初めてだったから、そんな振りが付いてるとは知らなくて何事かと思いましたが「めぎつねOn the Run」でした。
この辺りから客席後部もヒートアップ。
開演直後はエアコン直撃で、半袖で入った事をちょっと後悔したんですが、いつの間にか汗びっしょり。
さすがに「飛んでみろ」で飛ぶのは無理でしたが。

選曲がまんまベストアルバムからだったので、コアなファンじゃ無い私にも十分楽しめました。
てか、楽しかったー!!
参加できて本当に良かったです。
チケット回してくれた知人に感謝。
コンタも杏子さんも、もう50が近いと言うのに全く声が衰えず、それどころかパワーアップしてるように思えました。
メンバーみんな凄く楽しそうに演奏してて、こっちまで幸せになりました。

そう言えば、ここでも、年齢別コールが有りました。
でも、コンタは「70年代生まれー!」から初めてくれました。
すばるみたいに、直接、10代、20代って聞いて行くよりソフトで良かったです。
ちなみに福山雅治さんもこれをやるそうですが、40代以降からは客電が落ちるとか。
やっぱり、大人は気の使い方が細かいですね。

先日のJ Rockのアレは、すばるとフラフラのお客さんにはともかく
マッチファンのお姉様方には大変失礼だったと思います。

兎に角超ご機嫌ハイテンションで帰宅して、家でバービー聞きまくりました。

ユニコーンのライブも、行けばこんな感じかな。
やっぱりチケット手配しようかしら…。

取り敢えず楽しくタイムスリップできた三時間でした。

まだまだ頑張れると思う。自分。
スポンサーサイト





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。