上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8日は「鑑識・米沢守の事件簿」を見に行って来ました。
水曜レディースデーを狙ったんですが、最寄りの新宿バルト9はレディースデー割引やってませんでした。
代わりにシネマチネと言う平日3時から6時までの上演が1200円になるというシステムが有ったので
渋谷まで出るのも面倒臭かったのでシネマチネでチケットを購入。
平日午後なら何時でもこの値段なのはなかなかお得だと思います。
(但し特定作品になりますが)


で、映画の感想。
普通に面白かったです。
一切情報無しで見に行ったので、「さすが映画!端役も豪華だなぁ」と感心して見ていたら
その「豪華な端役」が犯人でした。
素で騙されました。
びっくりした!!
他にも怪しい豪華キャストがいたから、てっきりそっちだと…。
これが2時間ドラマなら、「この程度の役にこの役者さんなら、これが犯人じゃね?」と思ったはずですが、映画と言うことで判断が鈍りました。
久々にスカッと騙されて気持ち良かったです。

「劇場版・相棒」に比べたら派手なアクションなどは有りませんでしたが
鑑識・米沢さんのスピンオフと言うことで、それなりの地味に楽しめる作品に仕上がってました。
通常スピンオフには余り登場しない本編のキャラも、ほぼオールキャストで出て来たし
雰囲気は違うものの、これは明らかに「相棒ワールド」でした。
米沢さんの知られざる私生活がたっぷり堪能できて面白かったです。

これから見に行く方は先に「劇場版・相棒」を見てからの方が良いです。
冒頭でネタバレが有りますので。
後、エンドロールが終わってもすぐ席を立たないように。
ちょっとしたお楽しみが有ります。
エンドロールも素敵なんでお見逃し無く。

映画を見てからの最後に思った事。
米沢さんには本当に奥さんは居たのだろうか…。
ちょっと切ない幕切れでしたね。

正直、映画で無くても良いかな?って感じは有りましたが
映画間で館で見ても損は無いです。

おすすめ、☆★★★★って感じかな。

相棒ファンの方には是非お勧めします。
スポンサーサイト





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。