上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デビュー30年ですって。
びっくりですよね。
最近あちこちで聞こえる我が青春のメモリアルが、大体この位の周年なんですよね。
ハルメンズも30周年なんじゃないかな。確か。
もう無理はすまい。
色々と。


とりあえず、高校から大学卒業位迄の私の精神性の二割位はこの方で構成されてるような気がします。
後は…、有頂天と寺山修司と澁澤龍彦かな。
高校入る迄だと漫画家の三原順と筒井康隆が大きかったです。
80年代ニューウェーブ関係のコミュで知り合った方々なんかからは
ニューウェーブとジャニーズを並行して追い掛けてたの?って驚かれた事も有りますが
当時の自分の中では別に全く矛盾も葛藤も無かったです。
いや、実は昔過ぎて良く覚えてないんですが。
普通に少年隊と戸川純のアルバムを入れたカセットテープと
アイワの偽ウォークマンを鞄に詰めて青春を謳歌してたな。


ライブは今も昔も変わらぬ戸川さんのと、信者達の集い?
春に戸川さんが腰と脚を悪くされてて、座ったままライブしてたなんて話を聴いてたのですが、
今回も相変わらず体調は万全では無いようで、基本的に座ったままのライブでした。
バタバタしてて予習って言うか復習?全然して行かなかったんですが、
全く持って知ってる曲しかやらなかったので全然平気。
私、最初なんとなくセンターフロアの前の方に入ったんですが
元々チビな上に危なく無いように、踵の無いサンダルで行ったので
完璧に埋もれてしまって、戸川さんの大きなお帽子しか見えない!
そう、先述しましたが戸川さん座って歌ってらっしゃったので尚更。
歌もさる事ながら、ファッションやパフォーマンスも大事な戸川さんの要素です。
間に10分の休憩が入ったので、それを機に後ろに下がりました。
私、新しい新宿ロフトは初めてだったんですけれど、
ラママ見たいにフロアに大きな柱が有りまして
死角になる位置には映像モニターが二台設置されてたので、そのモニター近辺に位置取り。
漸く戸川さんのお姿が見えました。ちんまりと(笑)
ライブ自体はね。
なんか、戸川純がそこに居て歌ってくれるだけで十分でした。
どっちかと言うと、フロアに居るお客さん達の醸し出す雰囲気の方が泣けたな。
みなさん、割と年齢不祥な姿とファッションで集って来てるので
一見、観客はみんな自由業かクリエーター、アーティストなんじゃ無いかって雰囲気なんですよ。
でも、ライブがあったのは土曜日の夜だったから。
これが平日の夜なら、ぐっとスーツの男性も増えるんだろうなと。
きっと皆さん、日本経済の中枢となって働いてらっしゃる方々なんだろうなって。
恐らく一緒に80年代をトンガって駆け抜けた同士たちがフロアに500人。
何とは無しに感慨に耽ってしまったライブハウスの夜で有りました。


戸川さんが走りつづける限りは私も、ゆっくりでも進めると思います。
スポンサーサイト





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。