上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノートパソコンで見ようとしたレンタルのDVDが
ドライブに飲み込まれたまま出て来なくなった件で二晩騒いでおりました。
心配して下さった皆様ありがとうございました。
うちのノートパソコンはMacBookで、光学ドライブはトレイに乗せて押し込むタイプでは無く
本体の側面から直接ディスクを押し込むタイプでして
非常時にピンを挿して強制排出させる為の穴が着いておりません。
有事の時は外装開かないとどうにもならない困った作りです。
怖いなぁと思いつつも、もう五年も事故は無かったので、
なんとなくそのまま使い続けていたのですが、事故は突然やって来ました。
あれこれ検索して、「マウスボタンを押しながら再起動」
「Xキーを押しながら再起動」
「ドライブユーティリティからイジェクト」
等などネット上に落ちてるあらゆる方法を試しましたがだめ。
むー、と頭を抱えながら深呼吸。
「ほっといたら数時間後に勝手に出て来た」
と言う体験記録が何故か妙に引っ掛かります。
なぜならそれはMacだから(笑)
後気になったのが「重力を信じてディスクの差し込み口を下にして、気長に何度もイジェクトボタン」
直感的にこの二つを選んで実行しつつ、気が向いたら再起動→マウスボタン長押しを繰り返しました。
最初の夜は認識すらされなかったディスクが、何故か次の夜には突然再生されると言う奇跡が!
おお!良い感じだぞ!理屈じゃない!
今だ!と思いつつイジェクトするも、ディスクの回転が止まり
排出音がするだけで変わらずディスクは出て来ず。
その後何度か勝手に再生を繰り返し始めたので
半ばやけくそで、まだ見てなかったそのDVDを鑑賞したりとか(笑)
いや、必死に自力でなんとかしようとしたのは
そのDVDが「テニプリ100曲マラソン」なるかなり恥ずかしい代物だったからです。
単にテニプリのアニメだったりとか、単なる声優さんのライブDVDだとかとは訳が違います。
「テニプリ100曲マラソン」です。
これはかなり恥ずかしいです。
借りるのも正直恥ずかしかったです。
その間も諦めの気分は有って、Apple Storeのジーニアスバー(相談カウンターみたいな物)の予約は取りました。

それでも楽しく「テニプリ100曲マラソン」を見て、最後にイジェクトボタンを押しました。
当然ながら、やはり出て来ません。

で、昨日の夜はそのまま寝ちゃいまして、今朝です。
朝起きて、支度しながらMacの電源入れて…、駄目元でまたイジェクトボタンオン。

うい~ん。…カシャ。

…カシャ?
はい。普通に出て来ました。
何にもしてないんですけどね。
本当に「放っておいたら勝手に出て来た」んですよね。
もうね、意味不明。

最近のMacは安定してるから、数年トラブルは全くなかったので、
元々Macがそういう類のモノだと言うことをすっかり忘れてました。

Macに翻弄されて右往左往する感覚を久々に味わえてちょっと嬉しかったり。


Apple社の製品って元来がこんな感じで気まぐれにですので、
Macユーザーじゃ無くて、これからiPodやiPhoneをご検討の方はどうぞご注意下さいね。

新しいマシン買ったりすると、本気で古い方のMacが謎の不調を起こすんです。
本当ですよ、これ。


そう言えば、今思い出しました。
DVD出なくなる直前、そろそろ新しいMac欲しいなぁって、Appleの公式ページ見たような…
そうか。原因はあれか。


折角ジーニアスバー予約したので、この子持ち込んで
調子の悪いとこ全部相談して来ようと思ってます。
実はデリートキー利かないままなんですよ。



あ、でも、店頭で新しいMacやiPhoneやiPadには絶対気を取られないように気をつけなきゃ。






そして、様子を見て、まだ出来るようなら、ジョブズに献花を。
スポンサーサイト





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。