上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前日とあるお芝居を見に行きました。
好きな俳優さんが沢山出演している華やかな大作で
なかなかに満足して帰って参りました。
いつもはあまりパンフレットやプログラムの類は買わないのですが
演目でのお衣裳がとても素敵だったのでついつい二千五百円という
今の私に取っての大枚を叩いてパンフレットを購入。
役者さん達の素敵なお写真やエピソードをにやにや眺めることしばし。
ふと最後のページのスタッフクレジットに目を留めてびっくり。
私が以前勤めていた会社の同期がスタッフとして名を連ねているではありませんか。
ご存知の方もいらっしゃいますが、私は五年前まで舞台の裏方スタッフで生計を立てておりました。
訳ありで会社を辞めて五年。
仕事関係の人とは殆ど連絡を取っていなかったのですが、
仲の良かった同期だったのでつい懐かしくなってメールしてみました。
ドキドキ…。
数分間って宛先不明で帰ってこないことを確認してひと安心。
十数分後、その彼女からすごくテンションの高いメールが帰って来て、
話したい!電話する!って書いてくれて有って泣きそうになりました。
その夜少し彼女と電話で話すことができたのですが
十五年一緒に働いた仲間ですから、五年のブランクなんて殆どありませんでした。
お互いの近況、先日見たお芝居の話、少しだけ人生についても。
会社をやめてから、趣味の友人としか付き合う機会がなかったので本当に新鮮でした。

舞台の世界に戻りたい時も有るけど、精神的肉体的に自信が無い話なんかも、
この数年で人にしたのは初めてだったかもしれません。
最近心の中でもやもやとしていた思いが
話を聞いて貰うことで少しだけ晴れて来た気もします。

今回は旧友と再会できて二千五百円のパンフレットは安かったですね(笑)

今は形は違っても、やはり私は舞台が好きだって改めて実感しています。
スポンサーサイト





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。