上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はテニミュ全国氷帝戦の初日でした。
アリーナ9列といういつも当日券の見切れ席上等な私にしては破格の良席で楽しく観劇していたのですが、
2幕終盤。団体戦の勝敗を決めるリョーマ君と跡部様の試合がタイブレークに入った辺りで呼吸が乱れて来ました。
今日は朝の薬は飲んだし、マクドナルドだけど開演前に食事も済ませてました。
上演中のこと、しかも佳境だったので、屈み込んで鞄から薬ポーチを出す動作は他の方の迷惑になると判断して、
ハンカチで鼻を押さえて呼吸法でなんとかコントロールしようと試みました。
呼吸は苦しいけど意識は明瞭だし、目の前の舞台は佳境。
いや、今この状態で途中退場とか選択肢に無いし。
舞台は見たいし苦しいしで、もうどうしてよいのやら。
結局カーテンコールから初日のご挨拶が終わるまで余り症状は改善しませんでした。
終演後同行の方々とお話しながらこっそり頓服を飲みました。
幸運なことに午前中通院してお薬を貰ったばかりだったので、お薬は各種潤沢に有ったのです。
一時間もお話してるうちに大分楽になったかな?
私の場合過呼吸発作と言っても座って観劇が続けられて、お友達と談笑出来る程度です。
多分同行のお二方には体調不良は気付かれずに済んでると思います。

なんとか電車を乗り継いで、最寄り駅からは贅沢してタクシーを使って帰宅。
エアコン入れて涼しい部屋で横になってたらすぐに復調しました。
お薬が効いて来た時間だったのかも。

今日のは緊迫した舞台の内容に気持ちが同調しちゃった心理的なものかなと思ってます。
前にもスポーツ漫画を読んでて試合のシーンに没頭して息苦しくなったことが有るので。

今回の教訓。
観劇中薬は鞄ではなくポケットに入れておこう。

2次元や2.5次元が実際の体調にまで影響をもたらすようになって来たことは
オタク人生を送って来た中で或る意味喜ばしいことなのかも。
もう少し頑張ればあっちの世界にも行けたりしてね。
スポンサーサイト





  
NEW / TOP / OLD

  Material by 《nuit noire》  Designed by MACAREO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。